ピアノスタイル

ピアノスタイル

趣味としてピアノ演奏を楽しむには

ピアノというと、子供の頃から厳しい教育を受けて長年勉強して、ようやく上手に弾けるようになる楽器というイメージを持っている人は少なくないと思います。確かにプロのピアニストになる場合には幼少からの英才教育は必要ですが、趣味として楽しむなら大人になってから始めても遅くはありません。クラシックはもちろんJ-Popなどのポピュラー音楽も気軽に弾けるように、入門者や初心者向けに易しくアレンジされた楽譜を現在は気軽に入手することができます。両手を使うため最初は戸惑うこともあると思いますが、ヴァイオリンのような音を出すことそのものが難しい楽器とは違って、気軽に音を出せるピアノは比較的親しみやすい楽器といえるでしょう。
本来はアコースティックピアノで本物の音を味わいながら練習するのが望ましいですが、住宅環境によっては防音を施す必要もあるので趣味として楽しむには敷居が高いといえるでしょう。趣味として気軽に楽しむには電子ピアノが最もおすすめです。ヘッドホン端子を搭載していて音量も調節できるので、深夜でも気軽に演奏を楽しむことができます。録音機能を搭載している製品も多く、趣味として楽しみたい人にとって末永く愛用できる電子楽器です。

ピアノは打楽器?弦楽器?

ピアノを見たことがない、知らない、音を聞いたことがない人など、いるのでしょうか。しかしその楽器としての本質を知っている方はその中の一部に過ぎないのかも知れません。
習い事や小中学校の音楽の授業で、弾いたことがあるかもしれません。あまりにも馴染み深い楽器であり、知らない人がいないため、注意して観察したことはない、と言う方がほとんどでしょう。鍵盤を演奏しますので「鍵盤楽器」ですが、オーケストラの中では「打楽器」を担当する方が演奏します。内部は鍵盤と同じ数の弦が張ってあります。つまり、発音部は弦ですので、弦楽器とも言うことができます。なんとも不思議な楽器です。
ピアノと言う名前も、実は「ピアノフォルテ」を省略したものだったりします。小さな音を表すピアノ、大きな音を表すフォルテ、どちらの音も自在に操れる、と言う楽器的特徴からそう名づけられたそうです。
構造的には単純で、鍵盤を押す力が「てこの原理」でハンマーを動かし、ハンマーが弦を叩くことで音が出ます。(このことが「打楽器」とされる所以でしょうか)誰が押しても、強く叩けば大きな音がしますし、弱く叩くと小さな音になります。
それなのに、美しい音で演奏をしようとすると、長い時間をかけて練習する必要があり、また複雑で緻密な感覚を必要とし、なかなかうまく行かないのです。
馴染み深く、多くの方に愛されて止まない楽器ですが、その奥深さには計り知れないものがあります。


Favorite


山梨の求人を探す

2019/8/2 更新