ピアノスタイル

ピアノスタイル

ピアノ伴奏の練習方法

ピアノ伴奏は吹奏楽だったり、合唱だったりさまざまな時に必要とされます。
その練習として難しいのが他の音や歌と合わせることです。
みんなで合わせる前に個人で練習しますが、その時はもちろん自分の音しかないのでかきちんと演奏することができます。
特にピアノは一人で練習することが多い楽器です。
しかし、そこに違うものが合わさると全く違う演奏になるのです。
そうするといつもと違うことに混乱して上手く演奏できなくなってしまうのです。
せっかく練習しても合わせられないのではもったいないです。
このような場合はあらかじめCDなどでもいいので、他の音がある状態で演奏する練習をすることが重要です。
耳で覚えます。
慣れてくると自分以外の演奏や歌が意識して聞けるようになってくるので、そこからテンポや強弱をつけるなどステップアップしていくとスムーズです。
伴奏はその音楽を完成させるためにはなくてはならないものですから、周りのみんなと一緒になって良い演奏をしたいものです。

ピアノ伴奏者に感謝を

小さいころからピアノを習ってきた小中学生にとって、合唱コンクールのピアノ伴奏者に選ばれることは、決して嬉しいことではなく、ストレスになるようです。
周囲の人たちには晴れ舞台のように思われがちですが、華やかにみえて実は孤独。
練習は休めないし、それぞれのパートの練習の時に付き合わなければならないので、自分の練習は家に帰ってからしなければならず、かなりつらいのです。
学年代表や学校代表にでもなったら、それはもう大変、彼ら、彼女らにのしかかる重圧が大きく、学校によっては特に合唱コンクールに力を入れているところもありますから、そのプレッシャーは計り知れません。
それに、卒業式や入学式などで在校生代表、または、卒業生代表で伴奏をすることもあります。
いったん選ばれてしまうと、次もまた頼まれてしまます。
主役ではありませんが、声部を支え、より強めるために伴奏は存在しています。
クラスのために伴奏を引き受けてくれる彼ら、彼女らに感謝して合唱の練習に臨めば、クラスの雰囲気が良くなります。

Valuable information

塾を相模大野の辺りで検索

最終更新日:2018/8/23