ピアノスタイル

ピアノスタイル

ピアノの修理はこまめに行おう

ピアノの修理というと大げさに聞こえるかもしれませんが、細かな修理が必要な状態は比較的起きやすく、それを把握するにはやはり日頃から弾きこんでおかないとなかなか気づけません。
オーバーホールが必要になるような大きな破損は滅多に起きませんが、自分でも気づかないようなちょっとした調整が必要な程度の傷は頻繁に起こり、これらは日頃の調律時に直してもらえますが、調律では対処できない中程度の破損も時折発生するので油断はできません。
このような破損が起きているかどうかはやはり自分でピアノに触れて確かめるのが良いでしょう。
鍵盤を押したときにビィーンという弦の振動音がする場合は、中に異物が入ってしまったか、ピアノ線が劣化、破断しかけている可能性があります。
もちろん線が緩んでいるだけのこともありますが、古い楽器の場合は線の交換も頭に入れておきましょう。
鍵盤がスカスカの場合はハンマー部分を疑いますが、多いのは内部のフェルトの劣化です。単に古くなっただけでなく、虫が食ったり、とくに分厚く質の良いフェルトはネズミが好んで巣にしますので油断できません。
鍵盤が妙に重い場合、あるいは全て沈んでしまっている場合はペダルとの接続が外れていることがあります。
これらの修理は調律師さんでも対応できるので、おかしいと思ったらお願いしましょう。
なお電子ピアノは当然電子部品ですので経年劣化が発生します。基本には部品取替えとなります。

ピアノは修理して長く使っていけます。

美しい音を奏でてくれるピアノ。 決まった鍵盤を叩くことで誰もが楽譜と同じ音階を出せ、曲を奏でることができるのが魅力です。
ピアノは中に弦を張ってありそれを鍵盤と連動して動くハンマーで叩くことで音を出し、弦の長さなどにより音を響かせているのですが、長らく使っていくうちに弦が切れたり、ハンマーが壊れたり、ハンマーの下にあるフェルト部分が固くなってしまったりと修理も必要となってきます。
また家庭にある場合、何かの都合で鍵盤が損傷したり傷ついたりということも考えられるでしょう。
そんな時にはすぐにお願いしているピアノ調律師に連絡してして修理してもらいましょう。
大抵は部品を交換してもらえば前と同じように美しい音を奏でるように戻ります。
ピアノはきちんと修理して調律していくことで長らく愛用していくことができる楽器です。
故障箇所をそのままにして練習してもいいことはありません。
是非愛着をもって長く大事にご使用下さい。

注目サイト

フォーミュラEについて調べる

Last update:2019/2/22