ピアノスタイル

ピアノスタイル

画期的なピアノの防音対策

ピアノの練習を自宅でしたいという場合は、周囲に迷惑をかけないような内容で行う点が必要になり得ます。
特に夜の防音対策は近所とのトラブルを回避させるのには重要な内容となっていくため、慎重に方法を選んでいくようにする箇所が必要です。
さらに快適な音色を出すまでにはとにかく練習を積み重ねていく必要性があることから、ピアノが十分に行える状況について今一度ゆっくり関変える姿勢も当事者には求められます。
防音対策について慎重に見比べることになれば、落ち着いた環境で練習を積み重ねていくこともできるようになるため、将来への見通しもつくような環境になるのです。
その一方で画期的な方法を見つけて実生活に取り入れているという方もいて、こういった内容は皆が学んでいくことが賢明です。
日本の音楽への取り組み方を慎重に見ていけば、将来的な方向性にも結び付いていくので、メリットを広めていくようにする部分が重要となります。
ベストを尽くしていく部分が大事なのです。

ピアノの防音対策について

ピアノの防音対策については、以下のような方法があります。
一つ目は、「マスクピアノ(防音仕様)にする」 楽器の上部と下部に覆いをかけることで、ボリュームを落とすという方法です。
利点は、「10万円程度でできる」「違和感が少ない」「ボリュームの調節が可能」など。
難点は、「取り付け可能な機種が限られている」「音が籠って聞こえる」など。
二つ目は、「消音ユニットを装着する」 10万~28万円くらいかかります。
利点は、「ヘッドホンを使うことで、早朝や深夜でも気兼ねなく弾ける」「電子音源が中に入っているので、ストリングスなどの音色も堪能できる」など。
難点は、「装着時にハンマーの位置を調整する必要があるため、演奏時の表現力が下がってしまう」「打鍵した際の振動音や、ペダルを踏んだ時の音などは消せない」など。
三つ目は、「防音室を作る」 遮音効果や吸音効果は抜群ですが、3畳で100万円、6畳で200万円ほどかかってしまうのが難点です。

pickup

ハワイでファミリーフォトを撮影

最終更新日:2018/11/16